カーディティリングショップの開業におけるすべてを支援します。カーディティリング専門スクール ≪プライオリティ・セットアップ≫

カーディティリング専門スクール
≪プライオリティ・セットアップ≫
〒132-0013 東京都江戸川区江戸川3-42-15
TEL:03-3677-4234

開業までの流れ

小資本にて独立開業・自営業を目指す方。

新規参入がまだまだ可能なカーディティリング業界。

自動車業界において今や完全にその地位を確立した感のあるカーディティリング事業ですが、新規に参入するとなると数々の困難もあり、また、業界そのものの将来性など、不安な要素は多岐にわたります。近年では新車販売においてディーラーがその仕事を標準化したために、本来外注作業だったものがほとんど販売店に吸収されてしまった、ということもあり廃業する店も少なからず見受けられます。また、かろうじて外注としてディーラー関係の仕事をしている会社もありますが、外注費などの削減もありこちらも経営的に苦しい状態が続いています。また、長引く景気の低迷や若者の車離れなど、ネガティブな要因もあり、そういった見方をすればかなり厳しい業種と言わざるを得ません。

ではカーディティリング事業は、衰退して行くだけの斜陽業種なのでしょうか?

新車販売のセールスマンには毎月4〜5台のノルマがあり、各店舗での販売目標は個々のノルマと在籍人数分ということになります。自動車販売のピークは過ぎ、月販目標を達成できない状態の続く業界ではありますが、それでも新車は売れています。というか、売っています。新車が売れる、ということはそれまで乗っていた車が中古車として市場に出る、ということも同時に含んでいて、飽和状態といわれる市場ではあっても”循環“を止めることはありません。その新車販売においてカーディーラーの利益となる貴重なオプションが、コーティングです。原価に対して利幅の大きいコーティングはいまや欠かすことのできない収入源となっていて、一般的な認知度の高まった現在、車を買ったらコーティング、という流れは常識的となりつつあります。
しかし、”つるし”を好まない、コーティングにこだわりのあるマニアックなユーザーは、ネットなどから情報を得るなどして専門店に施工を任せることが多いことも、また事実です。その際にはプライバシーガラスであるにもかかわらず、ウィンドーフィルムも合わせてオーダーするドレスアップ派ユーザーも少なくありません。 また、新車へのコーティング施工は比較的効率よく(簡単)出来るためにディーラーは積極的に勧めますが、点検時、車検時といった経年車に対する施工は手間がかかるために勧めない傾向があります。そういったことを考え合わせると、車が売れている現状、また、趣味として車が存在する限り需要が絶えることは無い、といえるのではないでしょうか。ディラー・量販店からこぼれたほんの数パーセントのユーザーを確保できれば、 個人営業のディティリングショップとして生き抜いていくことも不可能ではありません。
上記の理由から小資本にての新規参入はまだ十分可能である、と考えられます。

業界未経験?必要なノウハウさえあれば大丈夫。

では、未経験の一個人が新規参入するために何が必要でしょう?

1.施工技術
徹底的な洗車から塗装面の研磨、コーティング処理仕上げまでの技術、また一般の人が出来ないような念入りなルームクリーニングを行うことなど、プロとしての技術の習得が必須となります。
ウィンドーフィルムに関してはRのきついガラス面に馴染ませるヒート整形、そのフィルムを可能な限り、きれいに貼る技術、個別の車体への対応、難易度の高い施工の見極めなどが必要とされます。

2.マテリアル
多く存在する材料の中から本当のプロユースに耐えるものをセレクトする、ということはとても重要です。フランチャイズ形式の組織の場合、自社製品として割高な材料を購入せざるを得ないことが多く効率面や収益に影響することが多々見受けられます。最良のマテリアルを適正な価格で、ということが安定した経営に求められる第一条件といえます。

3.店舗
店舗については、借りようとする物件などがカーディティリングという業種に求められる条件をクリアしているかどうか?ということは未経験者にはなかなか判断しにくいことだと思われます。経験に基づいたアドバイスにより、無駄な予算をカット、必要最小限のスペースでも良い仕事が出来るような店づくりが可能となります。

4.営業(集客)
実はこれが一番大切なことです。営業は苦手、自動車関係の職業に知り合いが居ない、など個別な問題は多くあります。如何にして仕事上のネットワークを築くことが出来るか、一般ユーザーの開拓から販売店などへの売り込みなど、必要な知識と実践的テクニックを分かり易くアドバイス、サポートします。

5.資金調達(経営コンサルティング)
新規事業においての資金調達は最重要であり、且つハードルの高いものでもあります。この問題にも、財務関係のプロにより積極的に取り組むことが可能となります。

6.その他
独立開業をする、ということで必要となるものは上記以外にもさまざまあり、たとえば自社のステッカーであったり社印であったり、本当に細かい部分まで考えると非常に多くのもの、お金が必要となります。

自営業者として必要なのもを全てフォローします。

目指すところは「生き残るための自営学」。

スクールとして施工技術を教えることのみで開業可能、と言ってしまうことはかんたんです。しかし、経験の無い人にとって技術を受講しただけで即開業し、初めてのお店の立ち上げの中、分からないことを相談する相手もいない、という人も決して少なくありません。スクールビジネスとは、常に受講生が入れ替わる循環で成り立っています。立派な外見の校舎や全国紙における広告など、すべては自身に帰属するものばかりです。そこにはすべての受講生をフォローする、ということは重視されません。
また、大手のスクールにおいて講師は一社員であることが多く見受けられます。これは講習技術に秀でている半面、現場の厳しい面を知らない、ということでもあります。施工作業はもとより営業活動や接客、経理から雑務までを一人でこなさなければならない個人経営ということを考えると学ぶべきことは多岐にわたることは明白です。

当方の目指すスクールとは、自身が独立した際に感じた、自営業としての必要なものをすべてフォローする、ということです。独立を考えつつも不安のある方、営業に対して自信の無い方、自分を売り込むことが苦手だという方、そんな方にこそコツコツと真面目に事業に取り組んで、息の長い商売を目指して頂きたいと考えます。
中高年の方で将来の仕事や収入に不安を抱く方、年齢的に体力面で不安のある方など、やる気があれば何でもできる、という気持ちだけでは解消できない問題もあると思います。ご相談、面接の上当方の判断で無理だと思われる方の受講はお断りしようと思います。受講したらそれでおしまい、という考えは教える側・教わる側双方にとって不幸です。
当スクールは経営者である私が責任を持ってお教えします。そこには第一線で仕事をするためのノウハウがぎっしりと詰まっています。

震災の影響を受けた自動車販売ですが、このところ危機的状況を脱しつつある、と言える状態に変化しています。復興に向けた中古車販売の活発化、止まっていた新車の製造ラインも正常に動き出していることもその要因ではありますが、何より消費者のマインドが上昇してきている、というのが主たる原因である、と考えられます。長年商売をやっていると、景気は良い時、悪い時を繰り返していくことが良く分かります。独立する、開業する不安は、それを打ち消す情熱と、確実な裏付けが不可欠であるとともにあきらめない粘りが求められます。廃業してゆく同業者も依然として後を絶たないこの業界ですが、切り開くチャンス、拾えるチャンスは必ずあります。大事な決断を、勇気を持って出来る日があなたに来ること、その時にお手伝いできることをお待ちしております。

資料のご請求・お問い合わせはこちらから→

priority setup 【プライオリティ セットアップ】
プライオリティ = 優先する、先取権などを指示する。 / セットアップ = 仕組みや構成といったほかに、立てる、掲げる、築く、起こすなどといった意味を含む。
独立・開業に、必要な先取権とは? 知識や枠組み・構成を、最優先に提供するシステムです。

カーディティリング専門スクール
≪プライオリティ・セットアップ≫

〒132-0013 東京都江戸川区江戸川3-42-15 / TEL:03-3677-4234

Copyright(c) PRIORITY SETUP SCHOOL All Rights Reserved.